フランス語でのお願の仕方。聞き方。何時か教えてもらえますか?

僕は、会話の中で一番大事な要素は、
いかに早く自分の言語をフランス語に頭の中で翻訳できるかということだと考えています。
けれども、一発で日本語からフランス語に変換するのは、とっても難しいことですね。
だから僕は、いつも英語に一度翻訳してからフランス語に変えて行くように考えています。
この方法のいいところは、フランス語と英語の中には、かなり多数の一緒のつづりの単語があるので、英単語しかしらない単語でも、フランス語の発音に帰るだけで意味が通じてしまうことがあるのです。

(日本語)ベロイ・サン・ジェルマン ホテルを探しているのですが、道を教えていただけないでしょうか?
(英語)Could you tell me how to go to Belloy Saint Germain hotel. Pourriez-vous m’indiquer comment aller à l’hotel Belloy Saint Germain? プリエ ヴ マンディケ コモン タレ ア ロテル ベロイ・サン・ジェルマン?
【解説】
フランス語のPourriez-vousは英語のCould youに相応しています。「〜してくれますか」という言葉の言い回しですね。m’indiquerはme indiquer、英語で考えると、indicate meとなりますね。私に教えて下さいという意味です。commentは何度も出てきたように、howに相応しています。道=行き方、ということで、英語ではhow to go、フランス語では、comment aller。この辺の考え方も全くおなじですね。

(日本語)今、何時か教えてもらえますか?
(英語)What time is it now? Quelle heure est-il s’il vous plait? ケ ラール エ ティル シィル ヴ プレ?
【解説】
英語のWhat timeがフランス語のQuelle heureになっているだけです。Quelle heureはquel+heureなので、まったくwhat timeと同じ作りになっていることがわかれば、それで十分です。あとは繰り返し唱えて、覚えこんでしまいましょう。

辞書無し楽々外国語学習法 -高校英語の落ちこぼれが英語・フランス語・ドイツ語・イタリア語を話せるようになった秘法-

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ