英語から入るようにして、頭の中をすっきりさせて、フランス語のフレーズを覚えること

初回は簡単だったかもしれないですが、前回はやや難しかったかもしれません。
できるだけ、英語から入るようにして、頭の中をすっきりさせて、フランス語のフレーズを覚えて頂ければなと思っています。

英語とフランス語を比較しながら学んで行く上において、
もっともややこしいのは、êtreとavoirがきっちりと、
be動詞とhaveに対応していないことが挙げられると思います。

(日本)家族は4人家族です。
(英語)I have 4 members in my family. (フランス語)Nous sommes 4 dans ma famille. ヌ ソンム キャートル ダン マ ファミーユ
【解説】
この表現は、英語がhaveを使っているのに対して、フランス語がêtreを使っているということが最もややこしいポイントです。けれども、それ意外は一単語づつ、英語がフランス語に対応していることがわかります。英語もwe are 4 members.と言ってしまえればいいのですけれども。。

(日本)猫アレルギーです。
(英語)I have an allergy of cats. (フランス語)Je suis allergique aux chats. ジュ スイ アレルジック オ シャ
【解説】
この表現は、英語がhaveを使っているのに対して、フランス語がêtreを使っているということが最もややこしいポイントです。けれども、それ意外は一単語づつ、英語がフランス語に対応していることがわかります。猫という単語、英語では、cat。フランス語では、chat。単語の形も似ていてて、分かりやすいですね。

辞書無し楽々外国語学習法 -高校英語の落ちこぼれが英語・フランス語・ドイツ語・イタリア語を話せるようになった秘法-

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ