フランス語で得意や好きを表現して人間関係をうまく作ろう

得意とか好きとかを表現することって、
人間関係をうまく作っていく上でとても大切なことです。
相手と自分が共通の趣味を持っていたり、
同じものが好きという事実が一気に人と人との距離を縮めたりするものです。

(日本)私はあなたを愛しています。 (英語)I love you.
(フランス語)Je t’aime. ジュテーム
【解説】
フランス語を勉強したことのない人でもこのフレーズを知っている人も多いと思います。最も有名なフランス語のフレーズ、おそらく。ジュテーム。使われているのは、je, te,aimer。英語のI love youと全く同じですね。けれども語順が英語と比べて違っているのは要チェックポイントです。語順だけを考えたら、日本語の私はあなたを愛しています。の方がすっきりするかもしれません。

(日本)自転車にハマっています。 (英語)I love cycling.
(フランス語)J’adore les velos! ジャドール レ ヴェロ
【解説】
英語では、目的語がcyclingという行為であるのに対して、フランス語では、自転車という意味の名詞であるのは面白い違いですね。けれども、その他のところは、1対1で対応しています。

(日本)スキーは得意ですが、泳ぎは苦手です。
(英語)I’m good at skiing, but I’m not good at swimming. (フランス語)J’aime faire du ski mais je n’aime pas faire de la natation. ジェム フェール デュ スキ メ ジュ ネム パ フェール ドゥ ラ ナタシォン
【解説】
フランス語のaimerが好きとか得意とかそういう意味を持っています。この表現も、英語とフランス語がきちんと1対1で対応していますね。そういう意味ではわりと分かりやすい表現だと思います。

辞書無し楽々外国語学習法 -高校英語の落ちこぼれが英語・フランス語・ドイツ語・イタリア語を話せるようになった秘法-

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ