フランス語で一歩進んだ自己紹介をする方法

フランス語での自己紹介の続き。
前回は、自分の名前や年齢、住んでいる場所など、
基本的に情報の伝え方についてまなびました。

今回はもう少し、進んだ表現を学んでいきます。

(日本)広告代理店で働いています。
(英語)I’m working in advertising company.
(フランス語)Je travaille dans une agence publicitaire. ジュ トラヴァィユ ダン ジュンヌ アジャンス ピュブリシテール.
【解説】
一見、複雑そうなフランス語の文章ですが、実は単語の順番も単語の意味もほとんで英語といっしょなのです。英語のworkにあたるのが、フランス語のtravailler。バイト情報紙の「とらばーゆ」はこのフランス語の単語からきているのです。英語のinはフランス語のdansに相応し、ともに「中で」という意味になります。

(日本)日本の北にある北海道出身です。
(英語) I was born in Hokkaido which is located in north of Japan. (フランス語)Je suis née à Hokkaido qui se trouve au Nord du Japon. ジュ スイ ネ ア ホッカイド キ ス トュルーブ オ ノー デュ ジャポン
【解説】
このセンテンスも、英語とフランス語、全くおなじ構造を持っているのがわかりますでしょうか?じっくり見つめていると、英語の単語がフランス語のどの単語と相応しているのかがわかってきます。英語のbornにあたるのが、フランス語のnaitreの複合過去形、suis néeとなるのです。英語のbe located inにあたるのがフランス語のse trouverになるわけです。

辞書無し楽々外国語学習法 -高校英語の落ちこぼれが英語・フランス語・ドイツ語・イタリア語を話せるようになった秘法-

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ