フランス語でも重要な感謝、ありがとうの伝え方

ありがとうと感謝の言葉を伝える大切さは、どこの言語でも同じこと。どんな感情よりもこの感謝の感情を伝えることで、人間の心の距離も縮まるものです。

フランス語で感謝の気持ちを伝えましょう。

難しく考える必要はありません。

まずは、最初はMerci.

と伝えてみましょう。

(日本語)ありがとうございます。
(英語)Thank you! (フランス語)Merci.メルシィ

【解説】
これも、ジュテームとならぶくらい有名なフランス語。フランス語を勉強したことのないひとでも、知ってたりする単語です。まずは最初は発音にこだわらずに、カタカナ読みして、メルシーと言ってみましょう。正確にThank you と発音しなくても英語が通じるように、このメルシーも通じてしまうものです。

(日本語)とても感謝しています。
(英語)I’m very grateful for you.
(フランス語)Je vous suis très reconnaissant. ジュ ヴ スイ トレ フコネッソン
【解説】
感謝すると言う意味のフランス語単語、reconnaissantを用いた表現。英語の感謝するという意味を持つgratefulという言葉と対応しています。英語のfor youの部分が、vousとなって、動詞の前に来ているのはフランス語特有のあり方ですが、センテンスを構成している要素は、英語、フランス語ともに共通です。

(日本語)親切にありがとうございます。
(英語)Thank you for your kindness. (フランス語)Je vous remercie de votre gentillesse. ジュ ヴ フメルシィ ドゥ ヴォートル ジャンティェス.
【解説】
merci→remercierと関係がわかれば、そんなに難しくないはずです。gentillesseも見た目は難しそうですが、英語のgentleという単語と語源は同じはず。

辞書無し楽々外国語学習法 -高校英語の落ちこぼれが英語・フランス語・ドイツ語・イタリア語を話せるようになった秘法-

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ