フランス語でも会話の初めは天気から「今日はよい天気ですね。」

フランス語で天気を語ってみよう。
日本語の場合、会話はまず天気の話題から入ることが多いですね。フランス語でも英語でも、手軽に天気の話題から入るのが、一番差し障りがなくて、いいですね。
まずは英語の天気の会話の仕方から思い出してみましょう。

まずは簡単に、
今日は晴れていますね。
It is fine today.
これは簡単にわかりますね。
英語では、天気を表現する時に、
The weather is fien.
とはしないことですね。
必ず、無生物主語の、itを先頭に立てます。
It is ……….

フランス語もこれと同じで、
天気を表現するときは、無生物主語の、ilを先頭に立てます。
Il fait beau.
いい天気ですね。
ここまでは、英語もフランス語も考え方は全くおなじですね。

(日本語)今日は暑いですね。
(英語)It is hot today.(寒いですね)
(フランス語)Il fait chaud (froid) aujourd’hui        イル フェ ショ(フォア) オージュルドゥィ.
【解説】
これもとっても簡単な関係ですね。Hotとchaudはともに暑いという意味の形容詞ですね。そして、英語、フランス語ともに文末に来ている、today, aujourd’huiというのが共に、「今日」を表わす単語なのです。
日本語的な発想では、
Today is hot.
Aujourd’hui est chaud.
となってしまいそうですが、気をつけてくださいね。

辞書無し楽々外国語学習法 -高校英語の落ちこぼれが英語・フランス語・ドイツ語・イタリア語を話せるようになった秘法-

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ