これはなんと読めばいいでしょうか?

英語を勉強していても、日本語では簡単に言えても、なかなか英語になると出てきづらい、フレーズがあるものです。

例えば、
(日本語)1ポンドは何キロですか?

この日本語を素早く訳せる人がいたら、その人はかなり英語が出来る人だと思ってもいいわけですね。なかなかできるものではないのです。

(英語)How much is 1 pound in kilogram?

英語だとこうなりました。
これをフランス語に変換してみましょう。
(フランス語)Combien de kilos fait une livre? コンビヤン ドゥ キロ フェッ チュンヌ リーヴル?

ぬぬ、全然、形がやや違っているのに気づいたでしょうか。
Combien de kilosは、how many kilosに相応するわけですね。
une livreは1ポンドにあたります。
フランス語の方がシンプルかもしれませんね。

ちなみに、faitはfaireの現在形三人称単数系です。

次はもうちょっと難しいフレーズです。
考え方はやや難しいですけど、口で覚える分には何も難しくはありません。

(日本語)これはなんと読めばいいでしょうか?

英語はシンプルですね。守護にyouを使ってシンプルに仕立ててします。

(英語)How do you say this?
直訳すると、あなたはこれを何と呼ぶの?

それではフランス語ではいったいどう扱うのでしょうか?
(フランス語)Comment est-ce que ça se lit? コモン エ ス ク サ ス リ?

çaこれが今回の文章の主語になっていますね。se lireで、読まれるという意味になります。フランス語はあくまでçaこれにこだわった文章の作り方をしているのが面白いですね。

辞書無し楽々外国語学習法 -高校英語の落ちこぼれが英語・フランス語・ドイツ語・イタリア語を話せるようになった秘法-

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ