フランス語であいさつをする

どうやったら、フランス語を簡単に学べるのだろうか。
僕は、自分がフランス語をあまりにも簡単に挫折した経験がある。

僕がそのとき考えたことは、できるだけフランス語と似ている英語からフランス語の特徴を掴むことができれば、よりストレスをすくなくして、フランス語の学習が初められるのではないかということであった。

フランス語の会話も同じだと思う。
英会話と照らし合わせることで、一気に学習が進むと思う。

(日本)はじめまして。 (英語)Nice to meet you!
(フランス語)Enchante(e) アンシャンテ

【解説】
英語とフランス語でちょっと違う、「はじめまして」。フランス語のアンシャンテは一度はどこかで耳にしたことがあると思う。初対面の人には、朗らかに「アンシャンテ」英語よりも簡単だと思う。

(日本)お会いできて、嬉しいです。/よろしくお願いします(挨拶の場合) (英語)I’m very happy to see you.
(フランス語)Je suis ravi(e) de vous rencontrer ジュ スイ ハビ ドゥ ブ ザヴォアー ハンコントレ

【解説】
フランス語の表現がちょっとややこしく見えますね。けれども、この文章の構造は英語とほとんど同じです。ravi(e)=happy, rencontrer=see, de=toということが分かればそんなに難しくないですね。英語の表現の方が、とってもシンプルに見えますが、そんなことないのです。

(日本)おはようございます。こんにちは。こんばんは。
(英語)Good morning. / Good afternoon. / Good evening. (フランス語)Bonjour / Bonjour / Bonsoir ボンジュール / ボンジュール / ボンソワー

辞書無し楽々外国語学習法 -高校英語の落ちこぼれが英語・フランス語・ドイツ語・イタリア語を話せるようになった秘法-

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ