音読のこつはひたすら同じ文章を、覚えるくらい読み続けることです。

例えば、今すぐ覚える音読フランス語ならば、10個のトピックを一日10回づつ読む。
1つのトピックは、だいたい6〜7個のセンテンスでできあがっているから、10個のトピックを10回づつ読むことで、600〜700個のセンテンスを毎日読むことになります。
そうすると、一つのセンテンスに、だいたい10個の単語が含まれているとしたら、合計で6000〜7000個の単語に触れることになるわけですね。

今までフランス語を理解するために使っていた頭を、フランス語を使うための頭に変える最適なトレーニングが、この読なのです。

音読を続けていると、フランス語の速読ができるようになります。フランス語が速く読めるようになってくると、不思議なことに今まで読んだことのない文章でも、簡単にだいたいの意味がわかるようになってくるのです。

見たことのない単語も少ないのだから、辞書をひいて調べるストレスも少なくなります。音読のトレーニングを十分に積んだら、是非フランス語の速読にもチャレンジしてほしいとおもいます。フランス語で書かれた新たな世界があなたを待っているはずです。

辞書無し楽々外国語学習法 -高校英語の落ちこぼれが英語・フランス語・ドイツ語・イタリア語を話せるようになった秘法-

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ