赤ちゃんに学ぶ。フランス語学習方法。

生まれてから、もう30年くらい経つのだから、言葉を使えなかった赤ん坊の記憶を蘇らせることはできないものですし、僕は赤ん坊の成長にそこまで詳しいわけではないのだけれども。たぶん、赤ちゃんは母国語を話せるようになるために何かをしているのだと思うのです。その何かを想像してみると。

赤ちゃんが言葉を学ぶためにすること、それはたくさんその言葉を聞くことです。

僕はそう考えて、フランス語脳を鍛えるためのトレーニングを考えました。この時点で、フランス語の学習は、勉強ではなくて、スポーツだという意識を持っていたのです。これは勉強するのではなくて、鍛えるという意識です。日本語で考えたことを、脳内で瞬間的にフランス語に変換する力。これを鍛えるために、僕が考えたことは。

たくさん聞いて、たくさんしゃべること。

この二つを徹底的にするために、僕は一冊の本を買いました。

今すぐ覚える音読フランス語

この本は、60個くらいのトピックがあって、一つのトピックにはだいたい10個以内のセンテンスで構成された文章があります。最初の方は、初級者でもわかりやすい、簡単な文章で書かれているのですが、順々に難しくなってくるのです。トピックは、日常生活から政治、経済、芸術やフランスの習慣と多岐に渡っており、これ一冊勉強するだけで各分野の基本的な単語も学べるという優れものです。 

辞書無し楽々外国語学習法 -高校英語の落ちこぼれが英語・フランス語・ドイツ語・イタリア語を話せるようになった秘法-

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ