名著との出会いが僕を変えた。

この久松真一先生著の英語がわかればフランス語がわかるという本。

僕にとっては伝説的な名著でした。当時は、フランス語の文法を勉強するためには、ルミエールという厚さ2cmぐらいの本を買うのが一般的でした。本屋で何度か読んだことがあるが、文法事項が網羅されているだけで、特に必要と思わなかったので僕は買いませんでした。
そしてこの本を読んで感じたことは、僕にとって必要なことは、文法事項の細かい説明ではなくて、フランス語を大きく捉えていく、視点だ。ということでした。

パズルをするときに、細かいところからしっかり作っていくタイプの人にとっては、細かい文法事項の羅列をコツコツと勉強して行くのもいいと思うのだけれども、僕は何でも大雑把に把握して、細部は後からしっかり詰めて行くタイプなのです。
フランス語の学習に対して抱いた違和感は、全体が見えない中で、細部を詰めていくことの意味がよくわからなかったからなのだと思います。そうして、同じように感じている人もたくさんいるんじゃないかなと思うのです。

久松真一氏のこのフランス語の本の素晴らしい所は、今まで勉強したことのある英語とフランス語がどう違って、どう一緒なのかを英語学習者の観点から解説してある点でしょう。

この解説によって、フランス語は一気に身近な存在になりました。
僕はフランス語と英語を比較するという視点を獲得したのです。英語と文法が似ているということが理解できて、フランス語の文章が読めるようになったからだ。フランス語を勉強する上で、初級から中級にレベルアップする時に、本当に役に立つ本でした。

辞書無し楽々外国語学習法 -高校英語の落ちこぼれが英語・フランス語・ドイツ語・イタリア語を話せるようになった秘法-

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ