フランス語文法はスポーツのルールみたいなもの。

フランス語は動詞の活用さえしっかりわかれば、それほど、難しい言語ではないと僕は思っています。まずは、フランス語を難しいと思っている考え方を変える必要があるみたいですね。

例えば、日本語と似ている言語を勉強する時、僕らは、日本語と全く違う言語を勉強するときよりも、簡単に楽に勉強することができると思うのです。それはなぜなのかというと、日本語に慣れているからだということができるのです。

僕は言語は、結局は、慣れるものだと考えています。日本語を話す時に、いちいち文法や単語のことを考えて話さないように、言語も慣れてくれば慣れてくるだけ、いちいち頭を悩ませたりしなくなるものです。それが、つまり、言語がスムーズに話せるとか、言葉が上手に使えるということなのだと思います。

だから僕は、言語の習得は、勉強というよりも、スポーツに近い感覚でするべきだと考えているのです。

スポーツをするのにも、最初はルールを理解する必要がありますね。文法や動詞の活用といったものは、スポーツのルールを学ぶためのものであるというぐらいに思っていたらいいと思うのです。そして、ルールを覚えて、それに従って、プレイをする。それが言語習得の一連のプロセスだと僕は考えています。

辞書無し楽々外国語学習法 -高校英語の落ちこぼれが英語・フランス語・ドイツ語・イタリア語を話せるようになった秘法-

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ