フランス語のルール、文法を考えてみる。

それではどうやってこのルールを簡単に学ぶことができるようになるのか。この点が一番肝心なことですね。僕ら日本人にとっては、野球のルールはとても理解しやすいものだと思うのです。なぜなら、幼いときからずっと親しみを持って、野球に接し、そしてそれを実際にプレーしているからです。けれども、この野球は残念ながら、サッカーほど、インターナショナルなスポーツではないのが実際のところです。

よく考えてみれば、野球のルールは意外と複雑です。大人になって、まったく知らない所から理解しようとすると、なかなか骨が折れる作業になるのではないかと想像してしまいます。ルールが複雑だから、僕らはなかなか理解することができないのです。

けれども、例えば、ラグビーの経験者がアメフトを理解することはそれほど難しいことではないと思うのです。またラグビーの優秀な選手が、優秀なアメフトの選手になることはそれほど、意外なことではないのです。けれども、日本の野球選手がラグビーの優秀な選手になれるかというとそういうことはあまり聞かないのです。このスポーツの関係と言語の学習には大きな類似点があると僕は考えているのです。

文法や動詞の活用と言ったものは、いわば、その言語のルールです。まずこれをいかに簡単にしっかりと理解できるかが、その言語をしっかり話せるかどうかの境目になると思います。幸いに、フランス語のルールは英語のルールとかなり多くの点で類似しています。この似ていることを利用しない手はありません。

辞書無し楽々外国語学習法 -高校英語の落ちこぼれが英語・フランス語・ドイツ語・イタリア語を話せるようになった秘法-

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ