フランス語会話に対するイメージって

frenchclass
フランス語会話のイメージと言うと、発音が難しそう、何だかお洒落な感じがするけれど、英語等と比較して、文法も全くわからない、とにかくとっつきにくいと言うイメージを持つ人もいるようです。

そもそも、義務教育や、一般的な高等学校等でフランス語会話を学ぶ事はあまり無い為、フランス語会話に対して興味は持ったものの、文法や発音等学習自体はやった事が一切無いという日本人も多いかもしれませんね。

もし、大学時代等に、授業でフランス語をとっていたという場合でも、何が何だかわからないままテストを受けて、結局身についていないという事もありますよね。

もし、どちらの場合だったとしても、語学学習において大切なのは、なるだけ前向きに捉えると言う事です。

前者の場合であれば、間違った知識が入っていないのだから、これからフランス語会話の正しい知識を着実につけていけると考えましょう。
後者の場合であれば、一度でも基礎的なフランス語の学習をした事があるのだから、もう一度学習のきっかけを自分に与える事で、全く知識が無いよりもより効率的にフランス語会話を学習する事が出来るのだと考えましょう。

フランス語に対する曖昧なイメージや、今までの自分自身のフランス語学習との接点の有無から、自分自身がフランス語を学習できない理由を探すのではなく、学習する事が出来る理由を探す方が良いでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ