フランス語会話と資格試験

“日本人がフランス語会話を勉強する時、資格として真っ先に思い浮かぶのは、仏検ではないでしょうか。

仏検は、2級以上から履歴書の資格欄に書く事が出来ます。
もし3級以下であったとしても、趣味の欄に記載できますので無駄にはならないと言えるでしょう。

他に、フランス文部省が主催するDELF/DALFや、パリ商工会議所が主催するTEFもあります。

フランス企業の日本支社等に就職を希望する場合等は特に、こういったフランス語会話の能力の証明となる資格試験の受験を視野に入れる場合が多いかと思いますが、実際、フランス企業の本支社の求人募集内容は、一般的に英語は必須である場合が多いですが、フランス語は必須ではない場合も多いようです。

基本的には、社内文書ややりとりにおいて英語が使われる場合も多いとの事ですが、それぞれ志望する企業によっても話が変わってくるかと思いますので、採用試験を受ける前に良く調べておくと良いでしょう。

フランス企業の日本支社への就職や転職を考えている場合のフランス語会話は必須ではないかもしれませんが、フランス語会話の資格取得をしておく事が逆にマイナスに働くとは考えにくいのではないでしょうか。

既に、そのフランス企業の日本支社が求めている事務能力や営業能力等、基本的な業務の能力に自信があるのであれば、英語と同時にフランス語会話を身につけておく事は、自己アピールの材料として最良だと言えるのではないでしょうか。”

サブコンテンツ

このページの先頭へ