フランス語会話で収入アップ

フランス語会話を使って収入をアップさせる事が出来るか、という問題がありますが、実際フランス語を生かせる場所は沢山あります。

基本的に外国人の対応が必要な場所で働く事を考えている場合、多くの場合求人内容に英語が必須である事は明記している場合も多いでしょう。

フランス系企業の日本支社であっても、フランス語は必須ではない場合も多いようです。

しかし、これは逆にチャンスだと考えられないでしょうか。

必須でなければ、その仕事自体で必要とされる能力があれば、あえてフランス語会話はあまり得意ではない人もその求人に応募して来るかもしれません。

同じ必須とされる仕事上の能力がある人であれば、それにプラスアルファーしてどんな能力があるかを見られる事もあるようです。

収入アップという観点から考えると、より条件の良い求人を射止める為に、自分自身により多くの仕事に生かせる能力を身につける努力が必要になってきます。

その努力の対象として、フランス語会話を身につける事は決して無駄では無いのはないでしょうか。

外国人の対応が多い可能性のある職場において、英語が必須になっている理由は、多くの人が話す可能性が高いのが英語だからという理由だけであって、だからといって他の言語が話せなくても構わないという訳ではないのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ